最新物件情報

一般的な不動産のご購入やご売却の際の流れについての説明です。

取引の流れ

 ■ローンの滞納や差し押さえのある物件は任意売却手続きへ


不動産購入



 STEP 1 物件を探す

媒介業者に対し、広告物件の問合せや物件紹介の依頼をします。
気になる物件があったら、資料請求をしてみましょう。


 STEP 2 物件の見学 (ご案内)

これと思う物件が見つかったら早速見学の申し込みをします。
中にはまだ居住中の物件もありますが、売却を希望されているお客様なので遠慮はいりません。また、見学したから断りにくいから・・・。の心配も無用です。そのために私たち媒介業者がいるのです!お気に入りの物件に出会うまで何度でも見学しましょう。
また、お客様の資金計画などもこの時点でアドバイスさせていただき必要があればローンの事前審査の申し込みをします。


STEP 3 購入申し込み

購入希望の物件が見つかったら、購入申込書 (買付証明書・買受申込書等) に記入します。
これは契約書ではないので法的な拘束力はなく、買い手の購入意思を明確にするためのものです。
買い手が複数現れた場合、この申し込みの順位が優先されることになっています。 また特約条件等の希望事項があればこの書面に明記します。 媒介業者はこの書類をもとに売主(または売主側の媒介業者)との価格交渉や契約の段取りなどを行ないます。


 STEP 4 重要事項説明を受ける

売主との交渉がまとまると、宅地建物取引主任者から購入不動産の重要事項説明があります。
これは法律に従いお客様が安心安全な取引ができるように、購入不動産に関する事項や取引に関する事項について調査したものです。


 STEP 5 売買契約の締結

契約内容に合意したら売買契約書に署名捺印し、手付金を支払います。この時点で売買契約が成立します。


 STEP 6 住宅ローンの本申込み

契約書、重要事項説明書等の必要書類をそろえてローンの本申し込みをします。
通常審査に1ヶ月程度要します。


 STEP 7 引渡し・代金決済

ローンの承認がおりると銀行と金銭消費貸借契約を締結し、いよいよ引渡しです。
通常は媒介業者、司法書士立会いの下、銀行で行います。
代金の支払いと同時に所有権移転登記申請の手続き、諸費用(固定資産税・都市計画税・管理費・修繕積立金など)の清算や手数料(仲介手数料・司法書士費用)の支払いなどを行ないます。
名義変更は司法書士に任せておけば、約1週間で完了します。


 STEP 8 お引越し

おめでとうございます。晴れて新居での生活がはじまります。

JR東海道本線で選ぶ

大阪モノレール線で選ぶ